• open panel
  • Home
  • Archive by category 'Owner'

Archive for ‘Owner’

COLNAGO C60 × Campagnoloコーラス

コルナゴのフラッグシップモデルC60。カラーリングはイタリアの職人がエアブラシで丁寧に仕上げるクラシックペイント、このバイクの魅力を引き立てる魅力の1つです。コンポーネントはカンパニョーロ・コーラス。イタリアンブランドで揃えフレームとの一体感もスタイリッシュに仕上がっています。ホイールは同じくカンパニョーロBORA。あえてクリンチャーにすることで普段使いにも考慮した仕様です。

このモデルが発売された2014年に自転車情報サイト【シクロワイアード】でインプレッションさせて頂いた時の記事でのコメントです。
―インプレッション

「バランスの良さからくる一体感の高さが心地よい」山崎嘉貴(ブレアサイクリング)

外観でいえばBBの拡大とチューブの大径化でより剛性が高まっていそうな印象を受けます。ただ、乗ってみるとその期待はいい意味で裏切られます。C35から連綿と続くCシリーズでいうと、前作C59よりもC50の流れを汲んだ軽量・進化版と言える乗り心地です。ベクトランなどを配合することで衝撃吸収性を向上させているバイクに通じる乗り心地を持っているのですが、コルナゴの場合、素材による味付けではなくて、スケルトンによって振動吸収能力とトラクション性能を得ているように感じます。

これまでのコルナゴバイクはフロント周りが強く非常に突っ張っている感覚があったのですが、その感覚が初めて消えたバイクです。フロントフォークとバックフォークの調和がとれており、どちらかが引っ張っていくような感覚はありません。絶対的な剛性は非常に高いレベルですが、そのバランスの良さからくる一体感の高さが心地よいため、嫌な硬さを感じさせない乗り味につながっています。

ハイエンドバイクにありがちな腰高感もなく、非常に落ち着いた乗り味です。シッティングとダンシング、どちらのシチュエーションでもBBが下に入っていく感覚があり、硬さを感じさせない踏み味を持っています。硬いと感じさせる自転車はBBが上に浮いてしまうような感覚があるのですが、そういった感触ではなく滑らかに足が回る、まるでセラミックベアリングをインストールした時のような乗り味のバイクです。

コルナゴの弱点であったスピードの上げ下げにおいても非常にキビキビとした反応を返すようになっており、ある種モノコックのバイクのようなフィーリングに近くなってきています。そういった乗り味にもかかわらずラグにこだわるのは、体に機材を合わすべきだというコルナゴのレーシングバイクに対する考え方が現れている部分でしょう。

60万円というプライスですが、エルネスト・コルナゴという伝説が存命でありフレーム製作の一線に立っている間に作られたフレームということを考えれば妥当なところかもしれません。どんなジャンルの趣味でも、必ずプレミアが付くプロダクトというものがあると思いますが、コルナゴのCシリーズはそういった存在です。

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

COLNAGO C60 × Campagnoloレコード

コルナゴのフラッグシップモデル『C60』10年おきに発売される記念モデルでもあります。
カーボンパイプをラグ構造で作ることで、サイズに応じたジオメトリーを細かく変えることができ、身長が小さい方から大きな方まで最適な乗り味を実現しています。特に乗り味は非常に低重心で路面に吸い付くように走り、ロードバイクのお手本となるような安定性は唯一無二。歴史あるレーシングブランドだからこそできる、乗り手とバイクが一体化して加速する感じがたまらない1台です。完全受注生産、MADE IN ITALY。

カーボンホイールは現在最強といわれるアメリカのENVE。最高級カーボンとワイドリムが作り出すどしっとした安定感がC60を支えます。リムがENVEとくればハブもアメリカの最強ブランド・クリスキング、回転力と耐久性が群を抜く逸品です。コンポーネントは乗換えとなった前車からの移し替え、こだわりの旧型カンパニョーロ・レコードでシックなスタイリング。ハンドル周りはDEDAのエアロハンドルをアッセンブル。

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

COLNAGO CONCEPT × シマノ  デュラエース

コルナゴ初のエアロロードとして登場したモデル。エアロダイナミクスに優れたダイナミックで攻撃的な造形を持ちながらも、イタリアらしいエレガントな佇まいを持ったバイク。この気品あるフレームグラフィックはイタリアのパマ・ペイント社によりエアブラシで描かれています。

実業団レースをバリバリ走るオーナーさんのリクエストで組ませて頂きました。
ホイールはカンパニョーロBORA。コンポーネントはシマノ・デュラ―ス、そしてパイオニアのパワーメーターと完璧なレース仕様車になっています。
小柄なオーナーさんのポジションのポジションを出す為に、短いステム、リーチの浅いハンドルなどミリ単位でポジション出しを何度も繰り返して完成しました。

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

COLNAGO V1-r × シマノ アルテグラ

コルナゴ『V1-r』
フェラーリとの共同開発でエアロ性能を追求したモデル。そして空力だけでなく軽さにもこだわったコルナゴ史上最軽量フレームと死角のないハイグレードモデルです。
ヒルクライム用のバイクを組みたいオーナーさんのリクエストで組ませて頂きました。
フレームが軽いことはもちろん、軽めのギアでも無理なく走れることを一番重視して反発力の速いフレームをチョイスしました。フレーム形状は横風にも強い形状で、空気抵抗の敵、乱気流が発生しにくいかまぼこ形状になっています。変速機はシマノ アルテグラ。特徴的な部分はリアブレーキが後輪の上ではなく、フレーム下部に装備されます。空気抵抗の軽減と衝撃を吸収する役目のフレーム部分に、ブレーキがないことでカーボンフレームのしなりが最大限生かされるため、後輪の上から排除しています。実際に乗車すると後輪からの微振動がうまくいなされている感じが伝わってきます。
ポジションは腕の長さ、体の傾きがあるオーナーさんに合わせブレーキレバーの位置を微妙に変化させてフィッティングもしっかりさせて頂きました。

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

DEROSA IDOL × Campagolo ATHENA

デローザ『アイドル』
デローザのフレームラインナップの中でベーシックなモデル。弓なり形状のカーボンフレームでイタリアンバイクらしい造形美が光ります。 小柄な女性オーナーさんが無理なく乗れるように、パーツをセレクト。まずブレーキレバーが小さく握力が少なくてもしっかり握れるカンパニョーロの変速機をチョイス。ハンドルは出来るだけ近くなるように日本人向けののオリジナルブランド。登りを少しでも楽に登りたいとのリクエストで、ペダルを漕ぐ軸(クランク)を今までより5㎜短い、160㎜へ。イタリアのカンパニョーロには設定のないサイズの為、こちらも日本のオリジナルブランドを装着。見た目はブラックで引き締まったバイクですが、女性にとっても乗りやすいバイクになっています。小柄な女性こそオーダーバイクの良さを出せますね。

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

DEROSA KING XS × シマノ105

デローザ『KING XS』
イタリアの伝統あるブランド。そのフラッグシップをマイナーチェンジしつつ存在してきたKINGシリーズ。ペイントは暗闇で薄い黄緑色に発光する蓄光塗料で塗られています。ブレーキはダイレクトマウント、後ろブレーキはフレームの下に装着され、ホイールの脱着時の手間はあるものの、レバーを握ってから効き始めの早さは抜群。フレームのしなる部分からブレーキを排除したことで後輪の衝撃吸収性もUPし、乗ってすぐに分かる効果を感じます。
ペダルのみ前車から付け替え、ベテランオーナーさんならではの使い込まれた感が渋いです。確か20年弱前のシマノ初のビンディングペダルだったと思います。
予算の関係もあり、シマノ105を装備させて頂きましたが、またコツコツをグレードアップしていく楽しみもありますね。

 

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

COLNAGO C60 × シマノ電動アルテグラ

キング・オブ・ロードバイクブランド『COLNAGO』が、10年おきに発売するフラッグシップモデルCシリーズの『C60』20年前に発売されたC40は、カーボンフレームがまだ少なかったに時代にプロレースで実践使用され通算1,000勝以上上げた伝説的なフレームでした。その後、C50、C59と進化し、今回のC60へとその走りは受け継がれています。走りの特徴も地を這うように路面に接地し、後ろから押されるように加速し続ける感じがモデルが変わってもCシリーズが持つ乗り味の特徴。

ラグフレームと呼ばれる構造、力強いフレームデザインが唯一無二の男らしいスタイリングを実現しています。カラーリングは伝統のアートと呼ばれるほど綺麗に塗り分けられたクラシックカラー。

パーツアッセンブルは、シマノ電動アルテグラを中心として、デュラエースのクランクにパイオニアのパワーメーターを装備。カーボンホイールはカンパニョーロBORA35。

ポジション出しは小柄なオーナーさんに合わせ、ハンドル位置を低くする為に前下がりの60㎜ステム、ハンドルも形状もレバー位置が低くなるものをチョイス。クランクはメーカーラインナップの中で一番短い165㎜。

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

DEROSA SUPERKING × Campagnoloレコード

イタリアの伝統あるブランド『デローザ』
カーボンフレームでは珍しいトップチューブが水平ホリゾンタル形状の『スーパーキング』
レースを走る為だけに作られていると言っても過言ではないブランドならでは、踏めば踏んだだけグイグイ走る気持ちよさがあります。
変速機はイタリアのカンパニョーロ、ホイールも同ブランドの軽量ホイールでキメた1台。
ポジション的には年配オーナーさんに無理がないよう、筋肉で乗る感じではなく、骨の骨格で無理なく乗ることを意識。ハンドル位置近め&高めで余裕を持たせています。それでも高すぎたり、ハンドルが近すぎると力が出ませんので、今の体力をうまく引き出せるラインを狙って試行錯誤したポジションを出しています。

 

『フルオーダーバイクとは』
乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。
紹介ページ↓↓↓

Read More
 

Cannondale SUPERSIX EVO × Campagnoloコーラス

アメリカのBIGブランド『キャノンデール』のフラッグシップモデル『スーパーシックスEVO BLACK INC』
塗装も極力排除した最軽量の特別仕様、フレーム重量695グラム。
テーマはヒルクライム用の軽量バイク。登り=軽いギアを多用するシチュエーションを考えて、
硬くないフレームでこのモデルをチョイス。

ハンドル、ステム、シートピラーをバイクのスタイリングを邪魔しないフィジークでシックに統一。

カーボンハンドルにチタンボルト仕様の軽量ステム。

アクセントに蛍光イエローのパーツ。

変速機はフルモデルチェンジした新型カンパニョーロ コーラス。

ホイールはカンパニョーロSHAMAL MILLE。
ヒルクライム後の下りブレーキの効きを考慮し、アルミリムをチョイス。
雨でリムが濡れた際もブレーキが滑りにくい、新型リムMILLE。


登った後には長いハイスピードな下りがあるヒルクライム。
速く登れる軽さを作りつつ、軽さゆえの不安定さを安全マージンが高いホイールで補っている一台。

 

『フルオーダーバイクとは』 乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。 紹介ページ↓↓↓  

Read More
 

FOCUS CAYO EV × Campagnolo ベローチェ

ドイツのレーシングブランド”フォーカス” 女性のオーナーさんのバイク。 フレームサイズごとにカーボン繊維の素材、パイプの太さを変えて小さいサイズでも硬すぎない、乗りやすさを実現しているブランド。


CAYOは比較的コンフォートな乗り味で、特にフレームの後ろ三角のバック部分の衝撃吸収の動きが絶妙。荒れた路面でも前に押し出す出すように吸収、推進力に変える動きが他のブランドとは違うオリジナル感。さすがシクロクロスの世界チャンピオンが創始者のブランド、数値的な性能よりも乗ると分かるグイグイ走るバイク。

パーツは前車からの載せ替え。
レバーは女性でもしっかり握れる細身のレバー、カンパニョーロ。
ハンドルは日本のワンバイエス、下りで下ハンドルを握った時のレバーが近くてしっかり減速出来ます。

ボトルゲージは、ロングボトルが2本付けられるよう、真夏でも頑張って走るオーナーさん用にスペシャル仕様。

ペダルは膝の痛みが出にくいTIME。

カラーリングはプロチームAG2Rカラー。

 

『フルオーダーバイクとは』 乗り手が求めるモノを叶える自分だけの1台を組み上げます。 お任せ頂ければ、フレーム・パーツ選び、ポジション出しまで完璧にセットアップしますので、お気軽に相談下さい。 紹介ページ↓↓↓  

Read More
 
〒399-2431 長野県飯田市川路5005 TEL 0265-27-6210
営業時間13:00-19:00(日祝18:00まで)定休日:月・火・水(詳しくはカレンダーでご確認を !)