行ってきました~シクロクロス東京!

東京はお台場で開催された『シクロクロス東京』へ2日間行ってきました。シクロクロスのコースには、草地、泥、砂とありますが、ここの会場は自転車での乗車が一番難しい砂です。

コースの向こうにはフジテレビ。

振り返るとレインボーブリッジとロケーションは抜群。コースサイドは海なので潮の満ち引きがあり、時間帯によっては引き潮になると走りやすい平らな砂浜が出現するのが、このコースのならではの面白さ!

砂を乗車していく最大の攻略ポイントは『わだちに乗ってラインをキープすること』
これがまた1本橋に乗るようで難しく。。。上手な選手が多いプロのクラスでは綺麗に1本の道が出来るのですが、我々が走る一般クラスの時は画像の通りどこにも道は出来ずボコボコのまま。

そしてレースは始まって行きます。乗れる人、乗れずにランニングする人さまざまですが、自分が速く走れる方を選択していくのがシクロクロス。

自分のマスターズクラスもスタート。朝と昼2回の試走の時は出現していた、乗るには重いけどパワーで突破できる波打ち際が何と満ち潮で無くなっていて、コースは大渋滞。


乗れるところは何とか乗って、終わってみれば6位。


レースが終わればブースを回ったり、おいしいものを食べたりイベントを満喫してDAY1は終了。

そしてDAY2へ、この日はプロのレースを観戦。個人的に楽しみにしていたアメリカの招待チーム『Squide bikes』エキセントリックなバイクとウェアが超クール!


同じチームでもウェアがやバイクのカラーリングが違い、個人のオリジナリティが見ていて楽しいんです。インスタグラムでもフォロワーが多く、レース活動を含めた自転車のライフスタイルが世界中の人から支持される新しいカルチャーだと思います。
ちなみにブレアサイクリングでリリースしているジャージ『GRIDE』にもインスタのページがありますので、良ろしければフォローして下さい。アカウントはgridebikesです。

女子エリートが終わると、次は男子エリート。ブースの各所で選手がウォーミングアップしています。

こちらは日本人で唯一本場ベルギーのシクロクロスに参戦している竹之内選手。本場のプロレース戦っている選手は観客に見えるようにブースの前で乗っています。こういうのもさすがプロの仕事ですね。

そしてレースがスタート!竹之内選手がトップでコーナーに飛び込んできます!この頃になるとコースにはすごい観客、何と2万人!

海外の招待選手が続きます。竹之内選手は砂に沈まないように、まるで魔法のじゅうたんに乗ったように進んで行き、海外勢はパワーで砂を蹴散らしお互いのスタイルでバトル開始。


オレンジのジャージは今回の優勝となるフランスのスティーブ・シャネル選手。

ブルーのジャージはアメリカチャンピオンを獲ったことがある、日本でも名前を知っている人が多いジェレミー・パワーズが2位。

3位には竹之内選手、日本人が表彰台に上って意地を見せてくれました!


今回のシクロクロス東京、選手の熱い走りやテクニックを見れたことはもちろんのこと、Sqide bikesを初めてとしたこれからのカルチャーを目一杯感じたイベントでした!
【GRIDEサイクルジャージ】

お買い求めはブレアサイクリング店頭、ネットにて購入される方はGRIDEオンラインストアからどうぞ
『brillercycling』
長野県飯田市川路5005
OPEN:木~日 13:00-19:00(日曜18:00まで)
CLOSE:月~水
ホームページ http://briller-co.net/annex/
FACEBOOK https://www.facebook.com/brillercycling

NHK BS1チャンネルで放送中の自転車番組『チャリダー』に衣装提供しています。
真ん中のインパルス堤下さんが着ているジャージがGRIDEです。画像クリックで番組サイトへ↓
%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%80%e3%83%bc